*All archives* |  *Admin*

2008/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランドセルの思い出
今ではカラフルになったランドセル。
色んな色が売られていますよね?
それを見ながらいつも思い出す事があります。

私達が小学生の頃、ランドセルは
男子は黒、女子は赤 というのが定番でした。

母は疎開して来るまで東京に居た事もあって、
(東京では女子もランドセルが黒が多かったそうです。
今でもそうですよね。)
娘に赤いランドセルを背負わせる事にかなり抵抗を感じ…
姉にも私にも赤以外のランドセルを持たせました。

姉の時のいきさつは詳しく聞いた事がありませんが、
姉は黒は絶対に嫌だと反抗して、
グレーベージュ色のランドセルを用意されたそうです。

私の時は新規購入者には
ランドセルではなく、ナップサックという
リュックサック型の山吹色の軽量鞄が学校から推奨されていて、
それを買う人が多くいました。

母はその鞄を見て、どうしても買う気にはなれず
その意志をはっきりと示してしまったようで、
学校関係者(先生)と口論になってしまったようなのです。

その鞄が子供の肩に負担のないように軽量で、
目立ちやすい山吹色で(信号で言う黄色の意味を込めて)
作ってあるのだと説明を受けた母は
「だったら、娘には黄色いランドセルを用意します!!」と
宣言し、当時地元では黒や赤以外のランドセルなど売っていなくて、
神戸まで行って黄色いランドセルを買って来てしまったのでした。

というわけで、私のランドセルは黄色のランドセルでした。
当時、子供心に人と違っていることがすごく嫌だったし、
その色のせいで、からかわれた事もありました。
全校でたった1人黄色いランドセルなんですから…
そりゃ、目立ちますよ。
どんなに嫌だと言っても母は、
「学校に言われた色にしたんだから、堂々と使えばいいのよ!」と
言うだけでした。
母は強し でした。

大人になってからは笑える話ですが…
母ともよくその話をしました…。懐かしいです。

こういう思い出話は色々と尽きません。
とにかく、母はこだわりの人でした。色々な事に…。

今度姉のランドセル話も聞いてみようかな。
スポンサーサイト
くり坊
更新が滞りました…
ネタ切れなのと、撮影が出来ていないのが理由デス…

先日、テディベアショップメイフェアさんオリジナルチーキーの
くり坊がやって来てくれました。

申し込み当日の朝、2度寝をしてしまい、
目が覚めたらスタートから40分近く過ぎていて…
顔見せの時点で選んでいた子は全員お家が決まっていて、半泣き状態に…
再々のメールのやりとりの後、ようやく決まったものの…
どうやら私が最後だったようでした。

途中、ご縁がなかったのかもしれないと諦めようとも思いましたが、
どうしても12インチの子をお迎えしたくて、諦め切れませんでした…。

我が家の中ではかなりのベビーフェイスちゃんで、
くり坊とは呼べないような大人しいお顔の子です。
ここまでマズルが低い子も珍しいかも…。
この子とご縁があったのだと思うことにします。

急いで撮影したので、可愛くペイントされたバードコールが
裏返しになってます~~残念。
DSC07009-1.jpg


我が家の12インチ大人しいお顔のセンテナリーちゃんと記念撮影。

DSC07011-1.jpg

アイスクリーム
真冬でもアイスクリームは必ず常備しています。

ケーキよりもアイスが好きです。

これは、先日見つけた好きなアイスの大きいBOXです。
すごくお値段が安くてお得感があります。

ハーゲンダッツが美味しくて好きですが、
こういうアイスも結構美味しいんです~(^-^)


DSC06972-1.jpg
七草粥
7日に作った七草粥です。

今年も無病息災で過ごせますように…
と願いを込めて作りました。

ちょっと青臭いけど、縁起物だから、ガマン、ガマン。

主人も美味しいと言ってたくさん食べてくれました。

DSC07005-1.jpg




思い出話と形見分け
遅くなりましたが、今年の初ブログです。

今年もマイペースでアップして行きますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

帰省して、姉と少しずつ母の形見分けをしました。
お洋服に、食器等… 一度にするのは大変なので、
少しずつ手を着けていこうと思います。

姉と私は9歳違い。
これだけ離れていると生まれた時代背景も違っていますが、
今回、思い出話をしていて、
2人の母像が違う事が判明しました。

共通しているのは、厳しくて怖い母だったこと。
優しい姿を思い出せないくらい、本当に厳しい人でした。

育て方はまるで違っていて、
そのせいか姉と私は性格が全然違います。
9年というブランクは母親自身にも様々な変化があったのかもしれません。

これからは、こんな風に姉と色々な思い出話をしながら、
母を偲べたらいいと思っています。

今回は洋食器をいくつか持ち帰りました。
母が好んで集めていた、『フロレンティーン・ターコイズ』シリーズ。
私も母の日や誕生日にいくつか贈りました。

私は違うシリーズを集めているのですが、
これを機に好きになってみようかな と思います。

DSC06992-1.jpg



プロフィール

ふう

  • Author:ふう
  • 好きなモノ
    猫 鳥 テディベア 
    絵本 食器
    手作りの物 美味しい物 
    キッチン用品 ファブリック
    時代劇(ちゃんばらなし) 
    宮崎駿さんの映画
    岡村孝子さん 松たか子さん
    晴れた日の空
    寒い日のピンとした空気
    よかった探し

    管理人の日々のあれこれを
    書き綴ります。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。