*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お知らせ(長文)
水曜日のお昼前にリクがお星様になりました。8才でした。

前日の夜、主人が止まり木から落ちているのを見つけ
一度戻してあげて、しばらく様子を見ていたら
また止まり木から落ちる という状態に…
「落鳥」という言葉が頭をかすめました。

心音を確認するとかなり早くて、カツカツという音もしていて…

何度も部屋を覗きに行っても落ち着く様子がなく、
辛そうに見えたので
病気の時用の小さなカゴに移し替えて保温をアップしました。
それでもやっぱり辛そう…

ずっと側について様子を見ていると
どんどん悪化して行くのがわかり、
とうとう痙攣症状が出るようになりました。
痙攣の度に辛そうな声を出して…

それからは主人と交代で手の中で温めながら
ずっと声をかけ続けました。
「がんばれ、リク」

朝になるのを待って病院に行こう!!
でも、嫌な予感が…
しばらく行ってなかったので、友人に確認をしたら
水、木が休診日に変わっていて、
病院には行けないことに…
県内に鳥を診られる獣医さんはいません…。

何もしてあげあられないのが本当にもどかしく、
主人はせめて高カロリーのご飯を食べさせたいと…。
ペットショップに電話をかけて、フォーミュラがあるかどうかの確認をして、
ようやくそれに代わる商品があるお店が見つかったので
主人が買いに出かけようとしました。

その頃にはリクの衰弱も進んでいて、
命がいつまで続くかわからなかったので、
「そのご飯が無駄になってしまうかもしれない…」と声をかけました。
「でも、このままリクが逝くのを待っているだけなんて
自分が嫌だから、自分の為にも行きたい」と言う主人を止められませんでした。

主人が出かけた10分後くらいに、羽ばたくような姿を最後にリクは旅立ちました。

あんなに小さな体でこんなにも長い時間、本当によく頑張りました。

我が家は今はすっかり猫中心の生活になっていて、
インコ達とはコミュニケーション不足になっていました。
リクとキイはあまり人が好きな子ではないこともあって、
朝、夜の餌替えの時以外はこまめに声をかけてあげる事もせずにいました。
もっと私達の目が行き届いていれば、
リクの小さな変化に気づいてあげられたかもしれない 
という後悔の思いが私達を襲いました。
小さな生き物は自分の体調の悪さをギリギリまで隠すので
(天敵に狙われるので)
目に見える症状が現れた時には手遅れ という事が多いのです。

主人は冷たくなったリクに
「充分にしてやれなくて、本当にごめん…」と何度も謝っていました。

午後からお墓を作ってソラとマルのお墓の横に並べました。

リク、今まで本当にありがとう…。
ダメな飼い主でごめんね。
大好きなお兄ちゃん達とお空を飛び回ってね。


リクです 
riku-2.jpg


リクとキイ
DSC00518-1.jpg


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

ふうさんの手の中で天国へ行ったリクちゃんは、幸せだったと思いますよ。
ご主人、ふうさん、お疲れさまでした。

(禁止キーワードがどれか分からず、短文にしました)
淋しいですね…
リクちゃん、残念でしたね…。
小鳥が止まり木から落ちて倒れているのを見つけた時の
ショックは私にも経験があります…。
羽ばたくような姿で旅立っていったのですね。
きっと今は苦しさも消えてお兄ちゃんたちと一緒に
ふうさんやご主人の周りを飛んでいるのではないかな、と思います。
小さな生き物は病気を発見することは難しいですし
診てくれる獣医さんも少なく、
あっという間に亡くなってしまうことが多いように思います。
決してふうさんたちのせいではないし、
リクちゃんもきっとふうさんのおうちで楽しく過ごした日々を
感謝して旅立っていったと思いますよ。
どうぞあまり力を落とさないで下さいね…。
ありがとうございます
なべさなさん
ありがとうございます。
すみません、せっかくコメントを書いて下さったのに、
禁止ワードを多く設定していまして…。
(以前イタズラが多かったもので…)

りるさん
ありがとうございます。
命を見送るのは…辛いですね、本当に。
亡くなった子達が遺したメッセージを見落とさず、
残った子達とたくさんの思い出が作れるようにしたいと思います。
きっとリクちゃんは、幸せだったよ。8年もふうたちの側で過ごせてよかったと思うよ。
星になってキラキラ輝いてるだろうね。
元気出してね!
リクちゃん、最期にふうさんに看取ってもらえてよかったです。
きっと今頃はソラちゃんとマルちゃんと
飛びまわっているのでは・・・。
旦那様もふうさんもあまりご自分を責めないでくださいね。
きっと愛情は通じてます。
ありがとうございます
あやぽん
ありがとう…
そうだといいなぁ…
お墓に飾った花が綺麗に咲いてくれています。

ごろさん
ありがとうございます。
あの時のリクを抱いていた感覚が
まだ手の中にしっかり残っています…
見送ってあげられたことが、本当に救いだったと思います。
リクが残したメッセージを見落とさず、
残された子達を大切にしていくことで、許されたらと思います。
プロフィール

ふう

  • Author:ふう
  • 好きなモノ
    猫 鳥 テディベア 
    絵本 食器
    手作りの物 美味しい物 
    キッチン用品 ファブリック
    時代劇(ちゃんばらなし) 
    宮崎駿さんの映画
    岡村孝子さん 松たか子さん
    晴れた日の空
    寒い日のピンとした空気
    よかった探し

    管理人の日々のあれこれを
    書き綴ります。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。